スイーツデコのハンドメイドバイト
*
ホーム > 投資・FX > 絶対に見誤らない

絶対に見誤らない

現実にパソコンの前で絶えず動いている市場を見ていると理由無く売買をしなくてはいられないという感情が沸き起こる事も多いです。

 

でも、不確かな衝動で注文することだけは、絶対にしてはいけません。

 

知っての通り、相場は終日、どういう時でもいずれかの国で為替市場がオープンしているし市場も常に動いています。

http://imohir.meblog.biz/

だからといって、頻繁に注文をしていると、その回数だけマイナスになる危険が高くなります。

 

もちろん、売買の回数を積む事で結果的に稼げる確率が五分五分に近づくのは事実です。

 

でもこの事は「なんとなくインスピレーションで売買」してしまうこととは別の問題です。

 

注文回数を重ねるというのは、「ここはいける」と感じた感覚を得られたうえでの取引回数を重ねるという事です。

 

特段の理由も無く、売り買いをするのとは違う。

 

外国為替市場の駆け引きに立ち向かうためには、自ら意識的にメリハリをつけることが大切です。

 

「ここだ!」と思い至った外国為替市場の時には、迷うことなく保持ポジションを増やして集中して利益を追求する。

 

「分からない市場でどう変化するのか考え付かないな」と思案した時は、いっそのことポジションを諦めて黙っています。

 

それぐらいのけじめをつけた方が最終的には売り買いは成功します。

 

相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさにその通りです。

 

相場とは、いつでもポジションを所有する事が肝心な事ではなく、何も保持せず何もしないことも時には、相場なのである。

 

じゃあ、どのタイミングで、休めばいいのでしょうか。

 

第1に言われるのが先に述べたように、現在の市場が難しいときです。

 

これから上がるのか下がるのか見通せない時は何も考えず行動すると、思ったストーリーとは逆に市場が動いてしまい損する事になってしまいます。

 

だから、そういうケースではポジションを0にして見ているだけが唯一出来る事です。

 

次に、あなた自身の体の調子が変なときです。

 

健康状態と外国為替市場に何の影響も与えないと感じる投資家もいますが大きく影響を与えます。

 

体の具合がよくなければマーケットの肝心なところで正確な判断が出来ない場合が多くなります。

 

関心がわかない時は、FXから遠ざかる事も大切な事です。

 


関連記事

絶対に見誤らない
現実にパソコンの前で絶えず動いている市場を見ていると理由無く売買をしなくてはいら...
業務の停止
民事再生による解決は住宅のためのローンも含む複数の債務に陥っている方々を念頭にお...